高額な布団でも睡眠の質とは無関係

すぐに眠くなる方法や深い眠りを手に入れる方法

MENU

寝具は高額だから睡眠が深くなるとは限らない

睡眠の質を決定的に分けるのが、布団やベッドなどの寝具です。この寝具選びですが、つい広告に騙されやすい部分があります。「軽い羽毛布団!」「腰痛にやさしい低反発マットレス!」等、さまざまな宣伝文句で売られている寝具ですが、よいものは高い、というのが常識です。これは間違いのないことで、よいものは品質や素材が良いのだから、価格も高くなるのです。しかし、高いものを使えば睡眠の質が上がるのかというと、これはそうとも言えないのです。ここがつい騙されやすいポイントなのです。どういうことかというと、どういうタイプの寝具が身体に合っており、また、好みかどうかという部分で、個人差がハッキリしているからです。この差は価格以上に如実です。高級羽毛布団は驚くほど軽いのですが、軽い布団ではどうも寝付けない、という人は結構います。また、敷き布団に関しても、高反発の柔らかいタイプ、低反発の硬いタイプと、それぞれ特徴があります。腰の悪い人などは低反発のものがよいと言われていますから、高額なものでも高反発タイプではしっかりとした睡眠が取れない可能性があります。つまり、価格は二の次であり、自分が何を欲しているかが、悩むポイントだということです。